FAGA

FAGA女性男性型脱毛症は銀クリで発毛できた!

 

 薄毛に悩みを持つ女性が増加しており、特に増えているのがつむじはげの女性です。つむじや額生え際の薄毛が進行するのは、男性のAGAという症状に良く見かけるタイプである事からFAGA女性男性型脱毛症と呼ばれています。

 

 AGAとFAGA女性男性型脱毛症とは、薄毛の進行具合は共通していますが、原因は異なっており、同様の治療を行う事が出来ません。AGAは、男性ホルモンのテストステロンが変換されて発生するジヒドロテストステロンという物質が原因となっています。

 

 ジヒドロテストステロンの体内での生産を防止するのが、AGAの治療薬であるプロペシアの効果です。プロペシアは、テストステロンをジヒドロテストステロンに変化させる還元酵素の5αリダクターゼの働きを制限するという内容です。

 

 5αリダクターゼの働きを制限する事によって、テストステロンはジヒドロテストステロンに変えられなくなります。脱毛原因物質の生産が防がれることによって、AGAの進行を防止する事になります。

 

 プロペシアは、妊娠中の女性が使用すると胎児に悪影響を及ぼす可能性があるので、女性は使用する事が出来ません。FAGA女性男性型脱毛症は、ジヒドロテストステロンが原因ではなくホルモンバランスの乱れによるものと考えられています。プロペシアとは違う成分での治療が必要となります。

 

 銀クリこと銀座総合美容クリニックでは、頭髪の専門医による薄毛治療が行われており、FAGA女性男性型脱毛症も治療の対象となっています。頭頂部の薄毛に対して特に有効なミノキシジルという成分が使用されています。

 

 ミノキシジルはアメリカでは薄毛の治療薬として使用されており、様々な原因の脱毛症に対して効果を発揮します。血管を拡張する事によって、頭髪を再生させる効果があると考えられている成分です。

 

 ミノキシジルは、高血圧治療のために研究されていた成分であり、血圧を下げるというのが本来目的です。このために容量を守って安全な使用が必要となっています。銀クリでは健康管理をしながらの薄毛治療が行われています。

 

詳細はここから

 

AGA

 

 

30代AGA薄毛治療