AGA副作用

AGA副作用

 

私たちが単なるハゲとして扱ってきた男性の薄毛ですが、現在では男性型脱毛症として医療機関で扱われるまでになっています。男性型脱毛症はAGAとも呼ばれ、その治療はAGA治療として扱われています。これまで治すことが難しいと考えられてきた男性のハゲですが、医療機関によってエビデンスを伴う治療が受けられるようになってきたのです。

 

医療機関で行うAGA治療はAGAに効果のある医薬品を使うことによって行われます。つまり、お薬を飲むことにより男性型脱毛症を治療することができるのです。昔から較べると夢のような時代になったわけですが、当然ながら良い面と悪い面があります。お薬には当然ながら副作用が付きまといます。用法や容量を逸脱すると、手痛い副作用が待っているのです。

 

一般的に用いられているAGA治療薬はプロペシア、あるいはフィナステリドというお薬です。このお薬はAGAに効果があるといわれているのですが、用法や容量を間違うと困った副作用が現れます。気になる副作用が性欲の減退です。男性にとっては髪の毛と同じく大切な欲求ですが、AGA治療薬を利用することにより、稀に性欲が減退することがあるのです。

 

このような話を聞くと治療に消極的になってしまうかもしれませんが、正しい用法、容量で使用している限り性欲減退などの副作用が現れることは殆どありません。医療機関によっては、処方前に血液検査などを行い副作用が現れないか確認をするところもあります。こうしたところを利用すれば、このような副作用に見舞われる可能性を抑えながらAGA治療を受けることができるはずです。

 

AGA治療で評判のよい銀クリなどでも処方前に血液検査を行っています。血液検査を行うことでリスクを管理しているので、銀クリの場合であれば副作用が現れる確率はわずか0.4%です。心配な方は事前に血液検査を行うクリニックなどを受診すれば安心して利用することができるはずです。

 

いずれにせよAGAが治療できることは多くの男性にとって希望になるでしょう。AGAで悩んでいる方は出来るだけ早く治療を受けてみてはいかがでしょうか。

 

詳細はここから

 

AGA

 

プロペシア処方クリニック