50代の薄毛治療

50代AGA薄毛治療におすすめのクリニック

頭髪は、命に直接的に関係する部分ではありません。基本的には、生命活動を営むために使用された栄養素の残りの部分により構成されると考えられています。このために、頭髪が少なくなる状態の薄毛は、これまでは医療機関では治療対象とはされていませんでした。

 

しかし、頭髪の量は外見の印象を大きく変えてしまいます。薄毛が進行したために、社会的に深刻な状況に陥ってしまうケースも起こりえます。そこで現在では、ヘアメディカルと呼ばれている医療機関での薄毛治療がスタートしています。

 

薄毛は、男性と女性では発症する割合は異なっており、男性の方が圧倒的に多くなっています。これは、男性ホルモンのテストステロンが変化した物質であるDHTが原因です。DHTは男性生殖器を形成するために生産されるのですが、毛乳頭のレセプターと結合した場合は毛周期を狂わせてしまうのです。

 

毛周期とは、成長期、退行期、休止期の順番に移行する事です。これが正常でなくなってしまうと頭髪は成長途上で抜けるようになり、抜けた状態から再生されにくくなります。このような毛根が占める割合が多くなると薄毛の範囲は拡大する事になります。このタイプの薄毛はAGAと呼ばれており、治療薬が開発されています。

 

AGAは男性特有の症状であり、女性は発症する事はありません。このために、女性は男性と比較すると薄毛になる割合は低くなっています。しかし、女性は薄毛にならないという事ではありません。それどころか近年になり、女性の薄毛は増加していると報告されています。

 

女性の薄毛は、女性ホルモンの分泌量の低下が関係していると考えられており、50代に多く見られています。ただし、女性の薄毛は男性とは異なり、毛根が機能しなくなる状態にまで進行するケースはほとんどないので、適切な治療を行えば改善させる事が可能です。つまり、年齢は関係ないという事です。

 

また、男女問わず使用できる発毛効果が高い育毛剤も用意されています。頭髪の生産に大きく関係している毛乳頭と毛母細胞の両方を活性化させる内容であり、3ヶ月から半年の間に効果が発揮されます。

 

ヘアメディカルのAGA効果はここから

 

40代AGA薄毛治療