40代薄毛治療

40代AGA薄毛治療におすすめのクリニック

薄毛は、多くの人が悩んでいる症状であり、様々な原因により進行します。頭髪は、外見のイメージを大きく左右する部分なので、40代を迎えても薄毛を受け入れるのは非常に困難です。つまり、薄毛に悩むのは、年齢は関係ないという事です。

 

ただし、現在はヘアメディカルと呼ばれている医療機関での薄毛治療が開始されており、状況を改善する事が可能となっています。特に、男性の薄毛の内でかなりの割合を占めるAGAの場合は、高確率で効果を発揮する事が期待できる飲む育毛剤と呼ばれている内服薬が開発されています。

 

飲む育毛剤は、AGAの原因物質であるDHTの生産を抑制するという内容の治療薬です。具体的には、テストステロンをDHTに変える働きを行う還元酵素5αリダクターゼを制限します。DHTは、毛乳頭のレセプターと結び付く事により、頭髪の毛周期を変えてしまう作用を持つ物質です。

 

毛周期に狂いが生じてしまうと、成長途上で抜けやすくなります。このために、AGAの初期の段階では、短い抜け毛が目立つようになります。また、抜けてしまった毛根からは頭髪が中々生えなくなるので、薄毛が目立つ事になります。最終的には毛根の機能が失われてしまうので、頭髪を成長させる能力も喪失する事になります。

 

飲む育毛剤を使用する事により、毛周期は正常に回復します。頭髪は途中で抜ける事がなくなり、抜けたとしてもスムーズに再生されます。早い人であれば、3ヶ月から半年の間に効果を実感するケースもあります。世界中で使用されているAGA専用の治療薬であり、3年続けた場合の改善率は約8割と報告されています。

 

飲む育毛剤は、発毛を促進する様な成分は配合されていません。額から生え際にかけての毛根に生息している還元酵素の動きを阻害するだけです。このために、頭髪に対して働きかける育毛剤との併用が可能です。脱毛を防止した上で発毛促進させるので、相乗効果を期待できます。

 

薄毛に悩んでいるのであれば、クリニックでの薄毛治療を受ける事がおすすめです。既に改善できる時代を迎えているからです。AGAだけではなく、他の脱毛症に対しても治療が行われています。女性の薄毛に対しても有効な育毛剤も用意されており、かなり期待が持てる現状となっています。

 

 

 

ヘアメディカルのAGA効果はここから

 

50代AGA薄毛治療